心やさしいコヨーテ

パントリーコヨーテという、ハンバーガーショップをこぞんじてすか?
このハンバーガー、肉汁まみれです。
高さもあります。
少々食べにくいですが、心に響く味がします。
場所は教えません。

DSC_2301.JPG

東京オリンピック、パラリンピック2020

先日、東京パラリンピックで開催される、ウィルチェアー(車椅子)ラグビーを幕張メッセへ観にいきました。
車椅子同士でぶつかり合っていて、とても迫力がありました。
また、千葉市でもオリンピック、パラリンピック合わせて、7競技が開催されます。
多くの人が、千葉市へオリンピック、パラリンピックを見に来てくれることを、願います。

まめ

ボッチャを体験!

20160905173301.png

ボッチャというスポーツなのですが、ただボールを投げるだけではないんです。
頭をつかいながら競技を行って、
「どれぐらいの力で投げればいいかな?」って考えながらやるのはとても楽しかったです。

パラスポーツフェスタ

パラスポーツフェスタに行きました!テコンドーや車椅子バスケ、車椅子ラグビーなどさまざまな体験をさせていただきました。車椅子を使う競技では種目により車椅子の形が違い驚きました。障害の有無にかかわらずみんなで楽しめるので皆さんも是非体験してみてください!

みぃ

9月2日に開催されたパラスポーツフェスタに参加しました

9月2日(土)に、千葉市ポートアリーナで開催された「パラスポーツフェスタ」に参加しました。「パラスポーツフェスタ」は、パラリンピック競技を普及していくことを目指し、実際に体験することができるイベントでした。

今回の「パラスポーツフェスタ」では、2020年に千葉市で開催される4競技を含む7競技の体験ができました。その中で、CCFCのメンバーが体験したのは、「ボッチャ」、「テコンドー」、「車椅子バスケットボール」、「ウェルチェアラグビー」の4種目です。

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、オリンピック・パラリンピックのレガシー(遺産)をどう活用していくのか、ということも重要です。そのひとつがパラスポーツへの理解が高まり、スポーツ文化として地域に根付いていくことだと思います。

8月19日に第5回ワークショップを開催しました。

8月19日(土)に、きぼーるの子ども交流館で、第5回目のワークショップを開催しました。第5回目のワークショップでは、企画班と情報コミュニケーション班に分かれて活動しました。

情報コミュニケーション班では、ホームページの運営を進めていくために、淑徳大学コミュニティ政策学部の矢尾板俊平准教授から原稿の書き方等のレクチャーを受けた後、実際に、原稿の作成を進めました。また、これから、どのようなコンテンツを掲載していくか、ということについて議論しました。


企画班では、加曽利貝塚のマップづくりに向けて、加曽利貝塚でのフィールドワークを行いました。加曽利貝塚で行われている様々な体験企画を実際に体験しながら、マップづくりのための情報を集めました。

加曽利貝塚を見学しました(8月5日)

特別史跡に指定される「加曽利貝塚」を訪問し、見学をしました。
CCFCのプロジェクトでは、「加曽利貝塚」のパンフレットを、こども・若者の視点で製作するプロジェクトを進めており、まずは現地調査(フィールドワーク)を通じて、情報を集めました。また「企画」を考えていくための情報やヒント、アイディアを考えるための調査を行いました。


土曜日ということで、イベントも開催されており、「かそり~ぬ」にも会えました。

6月11日に第3回ワークショップを開催しました。

第3回目のワークショップでは、ゲスト講師の方にお越しいただき、WEBの活用方法やデザインについて学ぶとともに、第2回目のワークショップに続き、テーマごとにグループワークを行い、アイディア出しを行いました。


ゲスト講師
石井伸一さん(株式会社iPLUS ONE 代表取締役社長)